メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
平昌五輪2018

スピード 女子1500 美帆、達成感と悔しさと

メダル授与式で銀メダルを手にする高木美(右)。左は優勝のブスト=宮間俊樹撮影

 (第4、5日)

 12日のスピードスケート女子1500メートルは高木美帆(日体大助手)が1分54秒55で銀メダルを手にした。優勝したイレイン・ブスト(オランダ)とは、わずか0秒20差だった。

 体を投げ出すようにフィニッシュしてすぐ、高木美は記録を告げる電光掲示板を見つめた。優勝したブストの下にあるのは、自分の名前。「2番というタイムを見た時はうれしさはあった」。ただ、レース後のリンクを回りながら声援を受けると「もうちょっと行けたんじゃないか」という思いがよぎった。

 最後の400メートルは、苦い記憶との戦いだった。昨年3月の世界選手権(ノルウェー・ハーマル)。15…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです