メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ショートトラック リレー男子5000 5~7位決定戦へ

ショートトラック男子5000メートルリレー予選で、坂爪(右奥)からリレーされる吉永(中央)=手塚耕一郎撮影

 (第4、5日)

 男子1000メートル予選で吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)が2組2着、坂爪亮介(タカショー)が接触相手の反則による救済措置で17日の準々決勝に進出した。渡辺啓太(阪南大職)は3組3着で敗退した。同5000メートルリレーの予選で渡辺、坂爪、吉永、横山大希(トヨタ自動車)の日本は2組4着で決勝進出を逃し、5~7位決定戦に回った。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文833文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  2. 世界の雑記帳 米航空会社職員、「ABCDE」という名前笑う 母親の抗議に謝罪
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  5. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです