メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ショートトラック リレー男子5000 5~7位決定戦へ

ショートトラック男子5000メートルリレー予選で、坂爪(右奥)からリレーされる吉永(中央)=手塚耕一郎撮影

 (第4、5日)

 男子1000メートル予選で吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)が2組2着、坂爪亮介(タカショー)が接触相手の反則による救済措置で17日の準々決勝に進出した。渡辺啓太(阪南大職)は3組3着で敗退した。同5000メートルリレーの予選で渡辺、坂爪、吉永、横山大希(トヨタ自動車)の日本は2組4着で決勝進出を逃し、5~7位決定戦に回った。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文833文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]