メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スノーボード ハーフパイプ 男子・平野、余裕の3位通過 女子・松本6位「楽しんだ」

スノーボード男子ハーフパイプ予選1回目でエアを決める平野歩夢=フェニックス・スノーパークで2018年2月13日、山崎一輝撮影

 (第4、5日)

 男子予選でソチ冬季五輪銀メダルの平野歩夢(木下グループ)が95・25点の3位で12人で争う14日の決勝に進んだ。片山来夢(バートン)が5位、戸塚優斗(ヨネックス)が10位で通過。ソチ大会銅メダルの平岡卓(バートン)は13位で予選敗退した。トップは2006年トリノ・10年バンクーバー両五輪金メダルのショーン・ホワイト(米国)で98・50点。

 女子の決勝で松本遥奈(クルーズ)は70・00点の6位、18歳の冨田せな(新潟・開志国際高)は65・…

この記事は有料記事です。

残り2025文字(全文2254文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]