メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スノーボード

平野2大会連続銀メダル 男子HP

スノーボード男子ハーフパイプ決勝1回目でエアを決める平野歩夢=フェニックス・スノーパークで2018年2月14日、山崎一輝撮影

 【平昌(ピョンチャン)・平本泰章】平昌冬季五輪第6日は14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝があり、前回ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(あゆむ)(19)=木下グループ=が95.25点の2位で銀メダルを獲得し、2大会連続のメダルを獲得した。

 片山来夢(22)=バートン=は7位だった。戸塚優斗(16)=ヨネックス=は2回目で転倒して3回目を棄権。2006年トリノ五輪、10年バンクーバー五輪を連覇したショーン・ホワイト(31)=米国=が、2大会ぶりの金メダルに輝いた。

平野歩夢

 前回も銀メダルで金を目指すために4年間やってきた。悔しさはあるが、できる範囲で全力でやれたと素直に思う。楽しかった。最後の3人争って、順番もすごい良い並びというか、今までで一番の大会だったんじゃないかと思う。

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]