メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スノーボード

戸塚転倒、無念の棄権 男子HP

【平昌五輪】スノーボード男子ハーフパイプ決勝2回目で転倒して運ばれる戸塚優斗=フェニックス・スノーパークで2018年2月14日、山崎一輝撮影

 平昌五輪・第6日の14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)は上位12人による決勝が行われた。予選10位の戸塚優斗(ヨネックス)は1回目の39.25点で11位。2回目で転倒して3回目は棄権した。

 急成長の勢いに乗って駆けてきた16歳の新星にも、五輪は厳しい場所だった。戸塚は、本来の滑りができず、最後まで戦えないままパイプから去った。

 予選は、滑走順が1番だったこともあり、「緊張して体が固まった」。1回目は空中技の高さが出ず、2回目は着地が乱れて10位通過。決勝に向けて「不安ですね」と話していた。その不安が的中したか。決勝1回目は最後の技の着地に失敗して転倒。2回目は最初の空中技で着地の位置がぶれ、パイプの縁にたたきつけられて底まで落ち、そのまま担架で運ばれて途中棄権となってしまった。

 技術の吸収力の高さを武器に成長してきた。昨春、海外のプロ大会を視察したコーチから「この技をやらないと予選も通過できない」と言われたことで一念発起し、恐怖心から避けていた2種類の縦2回転の技をつなげる練習に着手すると「1日でできた」。直後の全日本選手権で、それをきっちり決めて初優勝。世界への扉が開いた。

 昨夏は平昌でメダル争いの鍵を握ると見られていた縦2回転、横4回転の「フロントサイド1440」を習得。初参戦のワールドカップでは初出場優勝を果たし、その後も3戦連続で表彰台に上がって種目別優勝を決めるなど、驚異的な速さで世界トップに追いついてきた。たどり着いた五輪に向け、「金メダルを取りたい」と目を輝かせていたが、決勝で存在感をアピールできなかったのが惜しまれる。【平本泰章】

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]