メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

羽生、4回転ループ挑むか「作戦が大事」

公式練習を終え、記者会見するフィギュアスケート男子の羽生結弦=江陵で13日、共同

 右足首故障からの復帰戦となるフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が13日、会場の江陵アイスアリーナで記者会見し、注目のジャンプの構成について「作戦がすごく大事。たくさんの選択肢がある」と話した。公式練習ではサルコウ、トーループの2種類の4回転ジャンプを成功。今後は踏み切りも着氷も右足となる、高得点の4回転ループに挑むかが焦点となる。

 この日は本番リンクで初調整し、フリーの曲をかけた練習では、4回転はサルコウを2度、トーループを2度意識した構成だった。(共同)

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]