メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スノーボード

大技封印も平野3位で決勝へ 男子HP

スノーボード男子ハーフパイプ予選1回目でエアを決める平野歩夢=フェニックス・スノーパークで2018年2月13日、山崎一輝撮影

 スノーボードのハーフパイプ(HP)が行われ、男子予選でソチ冬季五輪銀メダルの平野歩夢(木下グループ)が95.25点の3位で12人で争う14日の決勝に進んだ。片山来夢(バートン)が5位、戸塚優斗(ヨネックス)が10位で通過。ソチ大会銅メダルの平岡卓(バートン)は13位で予選敗退した。トップは2006年トリノ・10年バンクーバー両五輪金メダルのショーン・ホワイト(米国)で98.50点。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです