メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

検出の禁止薬物、処方が必要 斎藤慧陽性反応

斎藤慧

 【平昌・田原和宏、村上正】スポーツ仲裁裁判所(CAS)から暫定的に資格停止とされた平昌五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表、斎藤慧(神奈川大)の体内からは、禁止物質のアセタゾラミドが検出された。これは市販で購入できるものではなく、医師の処方が必要な医療用の医薬品の成分に含まれる。緑内障やてんかん、肺気腫などの治療に用いられるが、最近は使用量も減っているという。

 アセタゾラミドを含む医薬品は、日本国内では製品名「ダイアモックス」として知られ、販売開始は1950…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 障害者雇用水増し 93%は障害者手帳や診断書なし
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 訃報 清水栄馬さん94歳=タレント清水国明さんの父

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです