メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

検出の禁止薬物、処方が必要 斎藤慧陽性反応

斎藤慧

 【平昌・田原和宏、村上正】スポーツ仲裁裁判所(CAS)から暫定的に資格停止とされた平昌五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表、斎藤慧(神奈川大)の体内からは、禁止物質のアセタゾラミドが検出された。これは市販で購入できるものではなく、医師の処方が必要な医療用の医薬品の成分に含まれる。緑内障やてんかん、肺気腫などの治療に用いられるが、最近は使用量も減っているという。

 アセタゾラミドを含む医薬品は、日本国内では製品名「ダイアモックス」として知られ、販売開始は1950…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです