メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドーピング

「クリーン」イメージ低下も 斎藤慧薬物陽性

ショートトラック男子の斎藤慧がドーピング検査で陽性反応を示し、記者会見する斎藤泰雄・日本選手団長(右)=韓国・平昌で2018年2月13日午前11時15分、佐々木順一撮影

 スポーツ仲裁裁判所は13日、平昌五輪ショートトラック男子日本代表の斎藤慧が禁止薬物のアセタゾラミドの陽性反応を示し、暫定の資格停止処分とすると発表した。

       ◇

 平昌冬季五輪で最初の陽性反応を示したのが、「クリーン」を旗印としてきた日本の選手だったことは、2020年東京五輪・パラリンピックに向けてドーピング防止活動に取り組む日本の関係者に衝撃を与えた。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の浅川伸専務理事は「日本でも違反が起きるのだと思われ、対外的なイメージが損なわれる」と懸念を示す。

 国内では1月、カヌー・スプリントのトップ選手がライバル選手の飲料に禁止薬物を混入させる事例が発覚。…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1267文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです