メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪2018

スピード 女子1000 小平、高次元の滑りで銀 高木美、自賛の銅 日本女子初、ダブル表彰台

スピードスケート女子1000メートルで滑走する小平奈緒=江陵オーバルで2018年2月14日、佐々木順一撮影

 (第6日)

オランダ勢、金ラッシュ

 女子1000メートルで小平奈緒(相沢病院)が銀メダルを獲得した。2010年バンクーバー五輪の団体追い抜きで日本のメンバーとして銀メダルを獲得しているが、個人種目では初めてのメダル。高木美帆(日体大助手)は銅メダルで、1500メートルでの銀メダルに続き今大会2個目のメダルとなった。冬季五輪の1大会で日本女子が複数のメダルを獲得するのは初めて。

 また、スピードスケートの個人種目で複数の日本選手が表彰台に立つのは、バンクーバー五輪男子500メー…

この記事は有料記事です。

残り1836文字(全文2075文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです