メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

強風猛威 アルペンまた延期

強風が吹き荒れる江陵アイスアリーナ前のセキュリティーゲートで、テントが飛ばされないように押さえるスタッフ=韓国・江陵で2018年2月14日午後3時26分、手塚耕一郎撮影

 氷上競技の会場がある沿岸部の江陵(カンヌン)では14日、強風が吹き荒れた。江陵アイスアリーナ(フィギュアスケート、ショートトラック会場)や江陵オーバル(スピードスケート会場)などが集まる江陵五輪公園では売店の簡易テントがあちこちで倒れていた。

 大会組織委員会は一時的に同公園内の活動を全面的に中止。観客にも屋外に出ず、近くの会場に入って安全の…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです