メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

アイスホッケー 女子1次 五輪、初スマイル 3大会13戦目

 (第6日)

 女子1次リーグで世界ランキング下位が入るB組の最終戦が行われ、日本は韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」から五輪13戦目で初勝利を挙げた。過去出場した1998年長野、前回ソチの両五輪はともに5戦全敗だった。

 1次リーグを1勝2敗で終え、5~8位決定予備戦に回る。コリアは3連敗。

 日本は第1ピリオド序盤に久保(西武)のゴールで先制。第2ピリオドに1点を返されたが、第3ピリオドに小池(道路建設ペリグリン)と浮田(ダイシン)の得点で突き放した。

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです