メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

アイスホッケー 女子1次 五輪、初スマイル 3大会13戦目

 (第6日)

 女子1次リーグで世界ランキング下位が入るB組の最終戦が行われ、日本は韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」から五輪13戦目で初勝利を挙げた。過去出場した1998年長野、前回ソチの両五輪はともに5戦全敗だった。

 1次リーグを1勝2敗で終え、5~8位決定予備戦に回る。コリアは3連敗。

 日本は第1ピリオド序盤に久保(西武)のゴールで先制。第2ピリオドに1点を返されたが、第3ピリオドに小池(道路建設ペリグリン)と浮田(ダイシン)の得点で突き放した。

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです