メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピードスケート 小平と高木美、切磋琢磨 8歳差、ダブルエース

スピードスケート女子1000メートルで2位と3位になり、そろって日の丸を手にする小平奈緒(左)と高木美帆=江陵オーバルで2018年2月14日、佐々木順一撮影

 【平昌・神足俊輔、岩壁峻】日本女子のスピードスケートをけん引してきた小平奈緒(31)=相沢病院=と高木美帆(23)=日体大助手=が14日、1000メートルで銀、銅メダルを獲得した。意識し合って互いを高めてきた2人。昨年12月に米ソルトレークシティーであったワールドカップ(W杯)で1分12秒09の世界新記録を出した小平の隣を滑ったのも高木美だった。

 このレースでは高木美も自己ベストを2秒近く更新。世界トップレベルだったにもかかわらず、小平に大差を…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文916文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです