メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スノーボード ハーフパイプ 平野、歩む夢へ天高く 父「最高の戦い」

スノーボード男子ハーフパイプ決勝で2位になった平野歩夢=フェニックス・スノーパークで2018年2月14日、宮間俊樹撮影

 【平昌・神足俊輔】14日の平昌冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ決勝に挑んだ平野歩夢(あゆむ)(19)=木下グループ=が、15歳で挑んだ2014年ソチ五輪と同じ銀メダルを獲得した。同じ色でも、4年前と意味は違う。戦いを現地で見つめた家族は「歩夢は成長した」と口をそろえた。

 2回目の滑走。「成功すれば金メダルにつながる」と取り組んでいた高難度のエア(空中技)が連続で決まると、満員の観客席から割れんばかりの歓声が響いた。観客席で声援を送った父英功(ひでのり)さん(46)が、この技を成功したのを実際に見たのは初めて。「何かが起こると感じてはいた。彼のベストです」と興奮気味に語った。

 「アユム」コールで迎えられた3回目は転倒。それでも1位のまま、過去五輪2回優勝のショーン・ホワイト…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文738文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです