メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪アイスホッケー

祖国に贈るグリフィン初得点 コリア

 14日に行われたアイスホッケーの1次リーグB組最終戦で、韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」は日本に1-4で敗れた。2点を追っていた第2ピリオドにチームの大会初得点を挙げたランディ・グリフィン(29)は韓国人の母と米国人の父を持ち、米国籍から2017年に韓国籍を取得した選手だ。

 アイスホッケー女子が初採用された1998年の長野五輪に影響を受け、10歳の時にフィギュアスケートからアイスホッケーに転向した。しかし、ハーバード大の生物学科を卒業し、デューク大の博士課程に進んだ際、10年続けたアイスホッケーをやめた。

 当時の心境を「長年つきあったボーイフレンドと別れたような気持ちだった」と韓国メディアに語っている。…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです