メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

羽生結弦、SPは4回転2度か

公式練習で調整する羽生結弦=共同

 フィギュアスケート男子で平昌冬季五輪が右足首故障からの復帰戦となる羽生結弦が14日、会場の練習リンクで調整した。16日のショートプログラムの曲をかけた練習ではジャンプを跳ばなかったが、踏み切りの動きなどからサルコーとトーループの2度の4回転ジャンプを入れた構成を意識したとみられる。

 五輪2連覇を目指す羽生は現地入りして初めて宇野昌磨と同じリンクで練習し、スケーティングを中心に確認。ジャンプはサルコー、トーループの4回転に計3度挑んで2度成功し、トリプルアクセルも1度跳んだ。取材ゾーンでは「ありがとうございました」とだけ話した。(共同)

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]