メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪アイスホッケー

開始1分で主導権「1勝うれしい」

平昌五輪 アイスホッケー女子(14日)

 アジア大会覇者の日本女子が悲願の五輪初勝利をつかんだ。対戦相手は、韓国と北朝鮮による合同チーム「コリア」。互いに初勝利を懸けて臨んだ一戦だったが、日本は序盤から速いパス回しと運動量で主導権を握った。

 開始わずか1分過ぎ、相手ゴール裏で浮田から床秦留可へとパックをつなぎ、最後はゴール前に飛び込んだエースの久保が冷静にGKの左を射抜いた。2分後には、ロングシュートのこぼれ球を小野が押し込んだ。その後、ゴール前を固めるコリアに苦しめられたが、DF小池のロングシュ…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです