メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

平昌開幕1週間 五輪「ゆがみ」露呈 競技時間、選手より放映権

IOCの収益の推移

 平昌冬季五輪は15日で開幕から1週間を迎えた。フィギュアスケートは午前10時に始まる一方で、ノルディックスキーのジャンプは午後9時半に開始され、終了が日付を越えた。競技日程は国際オリンピック委員会(IOC)の収入源となるテレビ放映権に配慮したものだ。また、強風による中止や延期が相次ぎ、厳しい気象条件が競技や運営にも影響を与えている。平昌大会が示すゆがんだ五輪の現実は同じ東アジアで開かれる2020年東京大会への教訓も多い。【小林悠太、平昌・平本泰章】

 16日に男子ショートプログラム(SP)が始まるフィギュアスケートは全ての種目の開始が午前10時台。…

この記事は有料記事です。

残り1869文字(全文2146文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです