メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
解雪・氷論

平昌五輪2018 小平、序盤200に硬さ

 <解雪(かいせつ)・氷論(ひょうろん)>

 女子1000メートルで銀メダルの小平も、銅メダルの高木美も1分13秒台後半で滑った。平昌は標高約40メートルで空気密度が高く、空気抵抗が大きいため、好タイムが出にくい低地リンクだが、2人とも自己ベスト級のタイムをたたき出した。よくやった、と思う。

 しかし、金メダルを獲得したテルモルス(オランダ)の速さは驚異的だった。標高1000メートルを超えるソルトレークシティー(米国)での2002年大会で、クリス・ウィッティ(米国)がマークした五輪…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです