メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解雪・氷論

平昌五輪2018 小平、序盤200に硬さ

 <解雪(かいせつ)・氷論(ひょうろん)>

 女子1000メートルで銀メダルの小平も、銅メダルの高木美も1分13秒台後半で滑った。平昌は標高約40メートルで空気密度が高く、空気抵抗が大きいため、好タイムが出にくい低地リンクだが、2人とも自己ベスト級のタイムをたたき出した。よくやった、と思う。

 しかし、金メダルを獲得したテルモルス(オランダ)の速さは驚異的だった。標高1000メートルを超えるソルトレークシティー(米国)での2002年大会で、クリス・ウィッティ(米国)がマークした五輪…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  4. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  5. 米ニューヨークで一時大規模停電 ミュージカルも中止に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです