メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

羽生、走り続ける王者

男子SPを前にリンクで調整する羽生結弦=江陵アイスアリーナで2018年2月16日、佐々木順一撮影

 平昌冬季五輪は第8日の16日、フィギュアスケート男子のショートプログラム(SP)が始まった。

 2014年2月14日。ソチ五輪で当時19歳の羽生は日本男子として初の金メダルを獲得した。この時から羽生は、すでに平昌五輪へ向け走り始めていた。

 ソチでも「絶対、金」と思って臨んだ。ショートプログラム(SP)で当時の世界歴代最高得点を更新して首位発進したが、フリーは2度転倒。それでも他の選手にもミスが続出して1位を守った。「うれしい半面、悔しい」と複雑な気持ちだった。

 ソチを終えた後の春、羽生は関係者から現役をやめるのかと聞かれると、即答した。「やりたいです」

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです