メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

羽生、走り続ける王者

男子SPを前にリンクで調整する羽生結弦=江陵アイスアリーナで2018年2月16日、佐々木順一撮影

 平昌冬季五輪は第8日の16日、フィギュアスケート男子のショートプログラム(SP)が始まった。

 2014年2月14日。ソチ五輪で当時19歳の羽生は日本男子として初の金メダルを獲得した。この時から羽生は、すでに平昌五輪へ向け走り始めていた。

 ソチでも「絶対、金」と思って臨んだ。ショートプログラム(SP)で当時の世界歴代最高得点を更新して首位発進したが、フリーは2度転倒。それでも他の選手にもミスが続出して1位を守った。「うれしい半面、悔しい」と複雑な気持ちだった。

 ソチを終えた後の春、羽生は関係者から現役をやめるのかと聞かれると、即答した。「やりたいです」

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. くらしナビ・学ぶ @大学 「中根」の目・データが語る 女子の医学部合格者比率が高い1位 島根大
  5. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです