メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュアスケート 羽生、故郷と歩んだ夢 宇野、妖精が認めた力(その2止) 5歳、真央さんが誘う

男子SPで演技を終え、笑顔を見せる宇野昌磨=江陵アイスアリーナで2018年2月16日、手塚耕一郎撮影

 後に2010年バンクーバー五輪、フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得する浅田真央さん(27)に誘われて競技を始めた少年が、憧れの舞台で実力を発揮した。両親に連れられて行った名古屋スポーツセンター(名古屋市)。練習中の浅田さんに声を掛けられた。「フィギュアやらない?」。このリンクで滑るのは、まだ2回目。今から15年前、5歳の宇野昌磨(しょうま)は浅田さんに才能を見いだされた。

 小中学生の頃、同じリンクでアイスホッケーをしていた4歳違いの弟、樹(いつき)さん(16)は振り返る…

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1464文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです