メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

「ただいま」 羽生、絶対王者の力

SPの演技を終え、観客席からたくさんのぬいぐるみなどがリンクに投げ込まれる中、立ち尽くして笑顔を見せる羽生結弦=江陵アイスアリーナで2018年2月16日、手塚耕一郎撮影

男子ショートプログラム(SP)

 「I’m back.(ただいま)」

 絶対王者の力を見せた。昨年11月のけがからの復帰戦の舞台に、五輪の個人戦を選んだ羽生。圧巻の演技で、自らが昨年秋に出した世界歴代最高得点に迫る111.68点という高得点を出した。観客にスタンディングオベーションで帰還をたたえられた。

 まさかの事態が襲ったのは、昨年11月9日。NHK杯の公式練習で4回転ルッツを跳んだ際に転倒して右足首を負傷した。練習拠点のカナダ・トロントに戻ってリハビリに励んだが、けんと骨にも炎症が見つかって回復は遅れ、12月の全日本選手権は欠場した。

 滑ることができなかった約2カ月間は、氷上練習を再開した際にスムーズに進められるように、陸上でジャン…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです