メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪2018

スピードスケート 女子500 小平、無敵の金 究極フォーム、終盤加速 日本女子冬季最多、3個目メダル

スピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平=江陵オーバルで2018年2月18日、手塚耕一郎撮影

 (第9、10日)

 女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が五輪新の36秒94で金メダルを獲得した。2014年ソチ五輪で李相花(韓国)がマークした37秒28の五輪記録を0秒34更新した。この種目では国内外で25連勝。世界記録(36秒36)保持者で五輪3連覇を狙った李相花は37秒33で銀メダルだった。

 五輪に3大会連続で出場している小平の獲得メダルは10年バンクーバー五輪の女子団体追い抜きの銀、今大…

この記事は有料記事です。

残り2121文字(全文2322文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです