メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スケート

小平が「金」日本女子では初 500m

女子500メートルを滑り終え、観客の歓声に応える小平奈緒=江陵オーバルで2018年2月18日、手塚耕一郎撮影

 【平昌(ピョンチャン)・岩壁峻】平昌冬季五輪は第10日の18日、スピードスケート女子500メートルがあり、日本選手団主将の小平奈緒(31)=相沢病院=が36秒94の五輪新で優勝して金メダルを獲得した。スピードスケートの日本勢の金メダルは1998年長野五輪の男子500メートルの清水宏保以来で、女子では初。小平は2010年バンクーバー五輪の団体追い抜きと今大会の1000メートルで銀メダルを獲得しており、自身3個目のメダルとなった。

 郷亜里砂(ありさ)(30)=イヨテツク=は37秒67で8位入賞、神谷衣理那(えりな)(26)=高堂建設=は13位だった。

 日本勢の金メダルは、フィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=に続き2個目。海外で開催された冬季五輪で日本が金メダル2個以上を獲得したのは初。今大会の日本勢のメダルは10個となり、冬季五輪で過去最多だった長野五輪の10個(金5、銀1、銅4)に並んだ。

小平奈緒の話

 金は考えないようにしていた。すべて報われたような気持ち。学生や同じチームの人たちが私を支えてくれたので、みなさんに「ありがとう」と伝えたい。最初から集中して、本当に自分の持ち味を出しきれた、躍動感溢れるレースができたと思う。

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです