メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
解雪・氷論

平昌五輪2018 圧勝劇、強化のヒント

 <解雪(かいせつ)・氷論(ひょうろん)>

 女子500メートルは小平の圧勝だった。完璧なレースではなかった。それでも低地のリンクで37秒を切る36秒94の五輪新記録で滑ったことが、小平の心身の強さを際立たせた。

 スタートは正直、フライングかと思った。号砲が鳴る直前に、わずかに右脚が動いた。だが、スタートは成立して小平はうまく加速。最初の100メートルの通過タイムは10秒26と、五輪3連覇を狙った地元・韓国の李相花に0秒06の後れを取ったが無難にまとめた。

 私も銅メダルを取った後の1994年リレハンメル五輪の男子500メートルのスタートで、右脚が少し動い…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文694文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです