メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

小平選手の活躍でスケート振興期待 歴代トップ選手生んだ茅野市 人口減少で競技人口に危機感も /長野

 平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒選手(31)=相沢病院。昨年12月、五輪代表に内定した時、「見た人が感動して笑顔になれるよう頑張りたい」などと抱負を語った。その言葉通り、見る人たちを笑顔にさせ、出身地の茅野市のパブリックビューイング(PV)会場では「長野五輪以来の感動」という言葉が聞かれた。【島袋太輔】

 小平選手が生まれ育った茅野市は2006年トリノ五輪、10年バンクーバー五輪に出場したスピードスケー…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです