メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解雪・氷論

平昌五輪2018 スピード男子500 「後半型」の育成を

 <解雪(かいせつ)・氷論(ひょうろん)>

 男子500メートルで日本は前回の2014年ソチ五輪に続いてメダルを逃した。金メダルのロレンセン(ノルウェー)の滑りを見て、日本男子には「構造改革」が必要だと実感した。

 その理由は「100メートルが速くても勝てない」という現実だ。日本勢は、加藤条治(博慈会)が全体2位で通過するなど100メートルまでは速かったが、最終的には6位だった。1998年長野五輪で清水宏保が金メダルを獲得したが、清水らの「前半型」というか、「直球型」が日本の伝統…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです