メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪2018

スピード 団体追い抜き 日本、圧巻の五輪新 菊池彩花、佐藤綾乃、高木美帆、高木菜那の話

みんなで勝ち取った 菊池彩花

 (準決勝は)できるだけ(高木姉妹の)2人に脚を使わないで温存してもらいたいという気持ちで、自分が壁となった。金メダルをみんなで勝ち取ることができた。

先輩に感謝いっぱい 佐藤綾乃

 今までに感じたことがない緊張を味わった。あと1周でまた転びそうになって後悔しているが、先輩た…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです