メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 女子SP 連発、自己新の舞 宮原4位、坂本5位

女子SPで4位につけた宮原知子=江陵アイスアリーナで2018年2月21日、佐々木順一撮影

 (第13日)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、ともに初出場の日本勢は宮原知子(関大)が自己最高を塗り替える75・94点で4位、17歳の坂本花織(シスメックス)も自己ベストの73・18点で5位につけた。

 今季のグランプリ(GP)ファイナルを制した15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシアからの五輪選手=OAR)が82・92点の世界歴代最高でトップ。18歳で世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が81・61点で2位。昨季世界選手権2位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が自己ベストの78・87点で3位だった。30人中上位24人が23日のフリーに進んだ。

この記事は有料記事です。

残り2571文字(全文2857文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです