メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イバンカ氏

五輪閉会式へ 報道官同行は「お目付け役」?

 【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスは21日、今月25日の平昌(ピョンチャン)冬季五輪閉会式にトランプ大統領の長女、イバンカ補佐官をトップとする政府代表団を派遣すると発表した。「米国選手団を祝福し、強固な米韓同盟を確認する」ことを目的とし、北朝鮮代表団との接触は予定していないという。

 代表団にはサンダース大統領報道官も加わる。政権の対外発信を取り仕切る報道官が、大統領から離れて海外出張するのは異例で、その意図を巡って米国では「イバンカ氏のお目付け役か」などの臆測を呼んでいる。

 イバンカ氏は23日にソウル入り。韓国大統領府(青瓦台)で文在寅(ムン・ジェイン)大統領との夕食会に…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文724文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです