メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

羽生「ルッツはしばらくお別れかな」 練習後の一問一答

エキシビションに向けた練習でリンクに姿を見せた冒頭、他の選手たちとショートトラック選手のまねをして転倒し、笑顔を見せる羽生結弦=江陵アイスアリーナで2018年2月22日、手塚耕一郎撮影

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で連覇を果たした羽生結弦(ANA)は22日午後、競技会場の江陵アイスアリーナで練習した後、報道陣の取材に応じた。羽生は大会最終日の25日に行われるエキシビションに出場する。

 一問一答は次の通り。

 --連覇から数日たって、気持ちの変化は。

 ◆ちょっとやる気にはなったかなと思ってます。ただ足首の状態もあるので、今は痛み止めを飲んで練習してて、エキシビションまではとりあえず痛み止めを飲んで、感覚はずらさないようにと思ってます。ただ、エキシビション後には痛み止めの量を減らしていったりとか、あとは自分の感覚もわかんなきゃいけないので、ちょっといろいろ考えてます。痛いのはルッツとループの踏み切り。降りに関しては痛み止めを飲んでいるかぎりは大丈夫です。

この記事は有料記事です。

残り3491文字(全文3833文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 広島の強盗殺人、容疑者を指名手配 血痕からDNA型採取
  5. ひなパレード 着飾った児童ら先頭に 取手 /茨城

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです