メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 銅争い4人激戦 ザギトワ、メドベ2強 きょう女子フリー

 フィギュアスケート女子は23日、フリーが行われ、新しい五輪女王が誕生する。金メダル争いは大方の予想通り、21日のショートプログラム(SP)で80点超えを果たした「ロシアからの五輪選手(OAR)」の2強に絞られた。フリーは160点前後のハイレベルな戦いになるとみられる。

 SP首位は、今季グランプリ(GP)ファイナルを制したアリーナ・ザギトワ。2位につけた世界女王のエフゲニア・メドベージェワが世界歴代最高得点を更新する81・61点を出した20分後に、それを上回る82・92点をマークした。フリーは七つのジャンプをすべて基礎点が1・1倍になる演技後半に跳ぶ。ジャンプの質も良く、出来栄え評価(GOE)も見込めるため、圧倒的な技術点で優位に立つ。

 メドベージェワはSPでほぼ完璧な演技を披露したが、ザギトワに1・31点差をつけられた。右足のけがか…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです