メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解雪・氷論

平昌五輪2018 経験者、個人でも開花

 <解雪(かいせつ)・氷論(ひょうろん)>

 女子団体追い抜きの日本は鮮やかな勝利だった。今大会も個人種目を席巻するオランダは1回戦で2分55秒61の五輪新記録(当時)をマークし、さらに決勝では2分55秒48で滑った。しかし、そのオランダとの決勝で日本は2分53秒89のタイムをたたき出して五輪記録を塗り替え、この種目で初の金メダルを獲得。「スケート王国」のオランダに衝撃を与えられたと思う。

 現役時代、私は団体追い抜きのような隊列を組んで練習をしたことがある。前を滑る選手が風よけになり、空…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文607文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです