メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

舞依ちゃんがいたから…フリーに臨む坂本

女子フリーを前に調整する坂本花織=江陵アイスアリーナで2018年2月23日、佐々木順一撮影

 切磋琢磨(せっさたくま)する仲間がいるからこそ、五輪に出られた--。フィギュアスケート女子の坂本花織(シスメックス)にとって、1歳年上の三原舞依(同)の存在は大きい。一緒に五輪出場を目指しながら出られなかった親友でもありライバルでもある三原の思いも胸に、勝負のフリーに臨む。

 昨年12月末の全日本選手権。わずか2枚の五輪切符を争う熾烈(しれつ)な戦いで、好演技を見せた坂本は2位に入って代表の座を射止めたが、ジャンプをミスした三原は5位に終わり、落選した。それでも三原は「おめでとう。一緒に練習してくれた仲間がオリンピックに出てくれてうれしい」と祝福してくれた。その時の気持ちを「『ありがとう』しかなかった」と坂本は感謝する。

 2人が初めて会ったのは坂本が小学生になった頃。神戸市立ポートアイランドスポーツセンターのリンクで指…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文997文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです