メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

世界最高峰の同門対決へ 女子フリー

フィギュアスケート女子SPの演技をするエフゲニア・メドベージェワ=韓国・江陵アイスアリーナで2018年2月21日(代表撮影)

 2002年ソルトレークシティー五輪男子のアレクセイ・ヤグディン、エフゲニー・プルシェンコのロシア2強時代をほうふつとさせる状況が今、女子で起きている。「ロシアからの五輪選手(OAR)」として平昌五輪に出場している18歳のエフゲニア・メドベージェワと、15歳のアリーナ・ザギトワによる至高の戦いだ。

 メドベージェワは世界選手権2連覇中の女王。今年1月の欧州選手権でザギトワに敗れたが、それまでシニアの国際大会では、同じロシアのラジオノワに敗れた15年11月のロシア杯以外は負けたことがなかった。

 ザギトワは今季シニアにデビューすると負けなし。その勢いは加速する一方だ。右足をけがしたメドベージェ…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文915文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです