メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドーピング

露の銅メダリスト失格処分 CASが違反認定

 【平昌・田原和宏】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は22日、「ロシアからの五輪選手(OAR)」のカーリング混合ダブルス銅メダリスト、アレクサンドル・クルシェルニツキー(25)のドーピング違反を認定し、失格処分にしたと発表した。これに伴い、世界カーリング連盟はクルシェルニツキーが妻のアナスタシア・ブリズガロワ(25)とのペアで残した今大会の成績を抹消。4位だったノルウェーのペアが銅メダルに繰り上がった。

 CASなどによると、クルシェルニツキーからは禁止薬物メルドニウムが検出された。本人も違反を認め、五…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文825文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです