メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

タリバン崩壊、戻った平和 バーミヤンの夢、北京へ スキーで出場目指す

 【平昌・福岡静哉】幼い頃、アフガニスタンの旧支配勢力タリバンによる虐殺から逃れ、その後スキーと出合って五輪を目指している2人のアフガニスタン人が、国際オリンピック委員会(IOC)の招きで平昌冬季五輪を観戦した。平昌五輪は実績が出場資格に届かず、同国初の冬季五輪出場はならなかったが「2022年の北京五輪ではぜひ夢を実現したい」と意気込んでいる。

 2人の男子選手はサジャド・フサニさん(26)とサイエド・アリシャ・ファーンさん(27)。世界遺産の…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです