メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

カーリング女子・藤沢 故郷の仲間に導かれ 移籍に活路、今は司令塔

準決勝の韓国戦第2エンド、2点を奪い返して笑顔の藤沢(中央)ら日本の選手たち=江陵カーリングセンターで2018年2月23日、宮間俊樹撮影

 【平昌・神足俊輔】平昌冬季五輪は23日、カーリング女子準決勝があり、日本代表のLS北見が韓国に敗れ、24日の3位決定戦に回った。司令塔のスキップ藤沢五月(26)=コンサルトジャパン=は、中部電力所属で挑んだ2014年ソチ五輪の代表決定戦で敗退。失望の中で故郷のチームへの移籍を決断し、平昌五輪出場を果たした。挫折を乗り越えた「天才スキップ」は、「悔しいが、(24日も)メダルを懸けた戦いができる」と顔を上げた。

 藤沢が初めてストーンに触れたのは、5歳の時。カーリング選手で1998年長野五輪の最終候補選手に選ば…

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1116文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです