メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

組織委の日本人女性、情報発信で両国懸け橋に

メインプレスセンター(MPC)を拠点に情報を発信する久保日香梨さん=韓国・平昌で2018年2月5日午後1時33分、神足俊輔撮影

 【平昌・神足俊輔】平昌冬季五輪の大会組織委員会に、公式ホームページ(HP)やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で日本向けの五輪情報を発信している日本人女性がいる。組織委職員で、韓国在住の久保日香梨(ひかり)さん(27)。「五輪に参加する選手やスタッフの思いを強く感じている。平昌パラリンピックでも、情報を発信していきたい」と大会に臨んでいる。

 鹿児島県出身の久保さんは、交換留学でスケートやアイスホッケーなどの氷上競技の会場がある江陵(カンヌ…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです