メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪カーリング

日本初のメダル懸け、今夜英国戦

【日本-韓国】延長戦で韓国に敗れて3位決定戦に回ることになり、引き揚げる藤沢五月(手前)ら日本の選手たち=江陵カーリングセンターで2018年2月23日、宮間俊樹撮影

 【平昌(ピョンチャン)・田原和宏】平昌冬季五輪は第16日の24日、カーリング女子の3位決定戦が午後8時5分から行われ、LS北見の日本が英国と対戦する。前夜の準決勝は韓国に敗れたが粘り強く戦った。日本初のメダルを懸けた勝負も注目される。

 カーリング女子が採用されたのは1998年長野五輪。過去5大会にメダルを獲得したことがあるのは6カ国に過ぎない。2回の優勝を誇るカナダとスウェーデン、1回の英国など強豪国で占められている。

 6大会連続出場の日本は今回、初めて1次リーグを突破。メダルを懸けた勝負は未知の世界となる。主将の本…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです