メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪2018

カーリング 女子3位決定戦 藤沢五月、吉田知那美、吉田夕梨花、鈴木夕湖、本橋麻里の話

藤沢五月

 準決勝は負けたが、私のショットは安定していた。氷の滑りだけ確認して、後は自分の感覚を信じて投げた。自信はあった。

吉田知那美

 信じられない。JD(ジェームス・リンド)コーチと一緒にカーリングを始めてから「私たちはステイ ポジティブ」と言い続けてきた。勝ったこと、負けたこと全てに意味があった。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです