メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 日本勢総括 羽生「絶対王者」証明 宇野、初舞台で存在感 演技まとめた宮原、坂本

連覇を果たした羽生のフリーの演技=手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートは23日の女子フリーで全ての競技を終了した。日本勢は男子で羽生結弦(ANA)が66年ぶりの連覇を達成し、宇野昌磨(トヨタ自動車)が銀メダルを獲得。女子も宮原知子(関大)が4位、坂本花織(シスメックス)が6位で入賞し、一定の成果を出した。【福田智沙】

 ◆男子

羽生「絶対王者」証明 宇野、初舞台で存在感

 羽生は昨年11月のNHK杯の公式練習で右足首を負傷し、ぶっつけ本番で五輪に臨んだ。4回転ジャンプの…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文959文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  2. 西日本豪雨 ボランティア、大阪の小6も大粒の汗 広島
  3. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  5. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]