メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 日本勢総括 羽生「絶対王者」証明 宇野、初舞台で存在感 演技まとめた宮原、坂本

連覇を果たした羽生のフリーの演技=手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートは23日の女子フリーで全ての競技を終了した。日本勢は男子で羽生結弦(ANA)が66年ぶりの連覇を達成し、宇野昌磨(トヨタ自動車)が銀メダルを獲得。女子も宮原知子(関大)が4位、坂本花織(シスメックス)が6位で入賞し、一定の成果を出した。【福田智沙】

 ◆男子

羽生「絶対王者」証明 宇野、初舞台で存在感

 羽生は昨年11月のNHK杯の公式練習で右足首を負傷し、ぶっつけ本番で五輪に臨んだ。4回転ジャンプの…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 住まいの貧困に取り組む元厚労事務次官の村木厚子さん 拘置所体験から見えた「根っこ」とは

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです