メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 日本勢総括 羽生「絶対王者」証明 宇野、初舞台で存在感 演技まとめた宮原、坂本

連覇を果たした羽生のフリーの演技=手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートは23日の女子フリーで全ての競技を終了した。日本勢は男子で羽生結弦(ANA)が66年ぶりの連覇を達成し、宇野昌磨(トヨタ自動車)が銀メダルを獲得。女子も宮原知子(関大)が4位、坂本花織(シスメックス)が6位で入賞し、一定の成果を出した。【福田智沙】

 ◆男子

羽生「絶対王者」証明 宇野、初舞台で存在感

 羽生は昨年11月のNHK杯の公式練習で右足首を負傷し、ぶっつけ本番で五輪に臨んだ。4回転ジャンプの…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文959文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです