メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪カーリング

悲願成就、人生輝く ママ本橋4人の支柱

 【平昌・岩壁峻、神足俊輔】平昌冬季五輪は24日、カーリング女子の日本代表・LS北見が3位決定戦に出場し、銅メダルを獲得した。チームを創設した主将の本橋麻里(31)=NTTラーニングシステムズ=は控え選手(リザーブ)として、リンクを上から見渡すコーチボックスで4人のプレーを分析した。出場できないもどかしさを押し殺し、精神的支柱となった本橋。同競技で日本初のメダルに「後輩たちが、すくすくと育ってくれて感謝しかない」と目を潤ませた。

 2006年トリノ、10年バンクーバー五輪に「チーム青森」として出場。「マリリン」の愛称で親しまれ、…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1140文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  3. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  4. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
  5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]