メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪2018

冷めぬ興奮、選手帰国の途

平昌五輪の閉会式から一夜明け、出国を前に、空港で笑顔を見せる小平奈緒(左)と羽生結弦ら選手たち=韓国・襄陽国際空港で2018年2月26日午前11時21分、手塚耕一郎撮影

 【平昌(ピョンチャン)・神足俊輔、岩壁峻】平昌冬季五輪の閉幕から一夜明けた26日、日本選手団は韓国からの帰途についた。選手団主将を務めたスピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(相沢病院)、フィギュアスケート男子で連覇を果たした羽生結弦(ANA)ら選手78人を含む159人は、氷上競技が…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  2. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです