メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪2018

数々の記録残し

 平昌五輪では、さまざまな記録が生まれた。

 エステル・レデツカ(チェコ)はアルペンスキー女子スーパー大回転とスノーボード女子パラレル大回転を制した。同一大会で異なる二つの競技の金メダルを獲得したのは史上3人目、女子選手では初めての快挙となった。

 また、ヨリン・テルモルス(オランダ)もスピードスケート女子1000メートルで金メダル、スピードスケート・ショートトラック女子3000メートルリレーで銅メダルを獲得した。ショートトラックのリレーでは決勝に進めなかったが、5~8位決定戦で1着となり、その後の決勝で失格チームが相次いだため銅メダルが転がり込んだ。

 ノルディックスキー距離女子のマリット・ビョルゲン(ノルウェー)は今大会で5個(金2、銀1、銅2)の…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文816文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです