メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

カーリング女子 銅「誇り」

カーリング女子のメダルセレモニーで表彰台に飛び乗る(左から)藤沢五月、吉田知那美、鈴木夕湖、吉田夕梨花、本橋麻里=江陵カーリングセンターで2018年2月25日、佐々木順一撮影

 【平昌・神足俊輔、岩壁峻】カーリング女子で3位に入ったLS北見の日本が25日、競技会場の江陵カーリングセンターで行われたメダル授与式で、日本カーリング史上初となる銅メダルを贈られた。藤沢五月(26)らメンバー5人は手をつないで表彰台に飛び乗り、メダルを首にかけられると満面の笑みを見せた。

 主将の本橋麻里(31)は「メダルをかけてもらう前に涙があふれてしまうぐらい重みがある」と感激。藤沢は「4年間、ここに…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです