メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

IOC、露の処分当面継続 「条件整えば解除」決定

 【平昌・田原和宏】IOCは25日、当地で総会を開き、ロシアの組織的なドーピングを理由に同国オリンピック委員会に科している資格停止処分を当面、継続することを決めた。平昌冬季五輪に個人資格で参加しているOARは、同日の閉会式でも国名や国旗の使用は認められなかった。

 IOCは平昌五輪期間中にOARの選手が、ロシアの国名や国旗…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは110.38 GPファイナル

  5. 名古屋・小5いじめ 同級生への支払いは20万円 保護者説明会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです