メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

金の羽生らヤンヤン空港に 日本選手団が帰国へ

平昌五輪の閉会式から一夜明け、出国を前に、空港で笑顔を見せる小平奈緒(左)と羽生結弦ら選手たち=韓国・襄陽国際空港で2018年2月26日午前11時21分、手塚耕一郎撮影

 平昌冬季五輪の閉幕から一夜明けた26日、日本選手団は早くも帰国の途につく。午前10時ごろから、氷上競技が行われた江陵(カンヌン)に近い襄陽(ヤンヤン)空港に、選手や役員が続々と到着。日本選手団の主将を務めたスピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(相沢病院)、同女子で2個の金メダルを獲得した高木菜那(日本電産サンキョー)、フィギュアスケート男子で金、銀メダルを独占…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです