メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

閉会式はじまる 日本は冬季最多のメダル13個

 韓国で初の冬季五輪となる第23回平昌大会は25日夜、平昌オリンピックスタジアムで閉会式を行った。9日から17日間、史上最大規模の7競技102種目に92カ国・地域などから2900人を超える選手が参加し、熱戦を繰り広げた。

 日本選手団旗手は、主将でスピードスケート女子500メートルで金、同1000メートルで銀を獲得した小平奈緒(相沢病院)が務めた。また、フィギュアスケート男子の金メダリスト羽生結弦をはじめ、同じく女子4位の宮原知子、銅メダルのカーリング女子、アイスホッケー女子チームらも参加した。

 日本のメダルは冬季では過去最多だった1998年長野五輪の10個(金5、銀1、銅4)を上回る13個(…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文691文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです