メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪2018

熱戦の記憶残し 選手団解団

解団式で団旗を返還する選手団の葛西紀明旗手(中央)と小平奈緒主将(右)=東京都港区で2018年2月27日午前10時5分、藤井達也撮影

 冬季五輪史上最多となる13個のメダル(金4、銀5、銅4)を獲得した平昌五輪日本選手団の解団式が27日、東京都内で行われた。

 解団式には日本選手団主将で、スピードスケート女子で500メートル金メダル、1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒(31)=相沢病院=らが出席。日本選手団旗手のノルディッ…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです